治療中も目立たない!歯列矯正に「インビザライン」を選択するメリット3つ

矯正していることを気付かれにくい

金属ワイヤーなどで歯列矯正すると、口を開けたときにどうしても矯正器具が目立ってしまいます。受付やキャビンアテンダントなど人と接する仕事だと気になる方も多いようです。多くの人にとって目立たないように矯正したいというのが本望でしょう。これを解決するのがインビザラインです。インビザラインは透明なマウスピースを口に入れるというやり方なので、矯正していることを気付かれにくくなります。職業柄などの理由で金属ワイヤーに抵抗がある方にはおすすめです。

取り外しができるので衛生的である

入れ歯のように自分でマウスピースの取り外しが行えます。ですから普段通りに歯磨きやフロスでお手入れできて衛生的です。ワイヤーなどの矯正器具の場合は常時器具を装着した状態のために歯磨きなどのお手入れがしにくくなりますが、インビザラインはそういった問題がありません。虫歯になりやすいなど、お手入れがきちんとしたいという人はインビザラインが良いでしょう。衛生的に優れた矯正方法なので矯正中の口内環境も安心ですね。

食べたいものを食べられる

マウスピースの取り外しができるので矯正中も食べたいものを食べられます。お手入れがしにくいので矯正器具に引っかかるようなものを食べてはいけないなどの食事の制限もありません。矯正中もこれまでと変わらず食べることを楽しめますよ。矯正治療と「食べたいものを食べたい!」という思いを両立してくれるので、食事を我慢したくないという人はインビザラインによる歯列矯正を考えてみませんか。治療中のストレスも減るでしょう。

オールセラミックとは、セラミックという陶器の被せ物を歯に装着する治療法です。変色しにくいので見た目の美しさを保てます。また、金属を使用していないので金属アレルギーの人でも治療が受けられます。